12/30 広河原沢左俣 アイスクライミング

最終更新: 1月3日

会メンバー2名、会員外2名の4人でアイスクライミング 。

前夜八ヶ岳山荘で仮眠し、早朝、船山十字路へ移動。

小雨の中二俣から左俣に入る。雨は降り続き暑く汗もかいてくる。午後から強い寒波が予定され衣類乾燥機が濡れる事が気にかかる。

F1から次々と滝が出てくる。交代でリードしながら越えて行く。氷は水っぽい。雨から雪に変わり、気温もどんどん下がっていくのが分かる。そのうち、ハードウエア、ザック、スリング等雨に濡れたもの全て凍ってきた。バリバリ。強い風が吹くと強烈な冷たさ。幸い体は暖かさを保っている。

上の大滝手前で、アイスクライミング 終了し、御小屋尾根に出て下山することに。

しかし、御小屋尾根までか危険な急登。岩と氷のミックスの斜面、樹林帯の急登。1時間かけてやっと登山道。そこから長い長い御小屋尾根の下り。途中からヘッテン。合計12時間半の行動時間。疲れた!

luffy


47回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 

©2020 by KRC 嶮稜登高会。Wix.com で作成されました。