6/5 「野猿返し」クライミング

参加者2名

東股沢の林道駐車スペース(9:00) 〜 取次点(9:49) 〜 終了点(14:30) 〜 林道駐車スペース(15:00)


岩根山荘への分岐を過ぎ、廻り目平手前の、大弛峠へ向かう林道を左に入る。5~10分ほどの林道駐車スペースへ車を停める。「キャンプ禁止」の看板があり、ワイヤーを張られた所から左の沢方面の樹林帯に入っていく。東股沢を堰堤の下から渡渉する。

ケルンと樹木への白テープを目安に5分程登ると取付きに出る。登攀準備をし、若干の荷物をデポする。

我々の前に男女の1グループが登攀を開始していた。聞くとその前に4人グループがいるとのこと。順番を待っていると後ろから5人グループが来た。その中の2人が知り合いだった。


登攀は2人で交代でリード(つるべ)で行う。合計7ピッチか?

4ピッチ目の登り・・・右上に走るクラック沿いに登り右のカンテに出たら、左に回り込み直上するが、上に前のパーティがいたため、手前斜面の岩峰でピッチを切る。高度感すごい。


5ピッチ目のトラバース・・・セカンドだったが、ランニングビレイをほとんど取れていないため、恐怖感抜群。右をトラバース気味にいったが、途中大きな岩が動いていた。リッジ上を行くべきだったか。


最後は20m懸垂で終了。樹林帯の踏み跡をたどり、取付点へ戻る。


●このコースはオールナチュラルプロテクション。人工物のボルト、アンカー、残地ハーケン等無し。立木、岩の活用とカムを使う。支点構築やピッチの切り方等自分たちで考えながら自由に登れる。

●ロープは50mダブルロープ2本で登ったが、50mシングルロープ1本でも行ける。

●ナイフリッジ2~3箇所ある

●登攀は渋滞していたため1時間ほど時間ロスか?

●荷物はもっと少なくできる。多すぎた。

●岩峰上部からの展望が素晴らしい。川上村のレタス畑遠くに見える。(Luffy)







30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示