7/23-24 ヘイズル沢左俣右沢(奥利根)沢登り

参加者5名

前夜(7/22)奈良俣ダム近くで仮眠。

7/23 3時起床。林道ゲートを通り奈良俣ダム湖畔を進む。監視小屋の前で沢装備。橋を渡り入渓する。

ゴルジュをヘツリ、ナメ滝を登り、滝の釜を泳ぐ。登れない大滝は高巻く。

綺麗な沢だ。晴天の朝日を受け水面が輝いている。モスグリーンの水は独特の美しさがある。

ロープをだしたのは2〜3箇所。

誰にも会わない。入渓しているのは我々だけか?

15:00頃1400m付近の右岸に幕営適地を見つける。

タープを張り終えたら激しい夕立。2時間ほど続く。

その後、薪拾いをし焚き火。楽しい宴会。

7/24 3時起床。

すぐに、20mの大滝。その後は大きな滝も無く、堰堤を3箇所越えていくと、水も少しづつ細くなり、稜線が見えてくる。

岩がゴロゴロした急登の後最後のツメはハイマツの中へ。10:30小至仏山手前の一般登山道へ出る。多くの登山者で賑わっていた。

荷物をデポし、至仏山往復。(私は腰が重苦しくパス)

鳩待峠へ下山。13:20

予約していたジャンボタクシーを待つ間激しい夕立。

車を停めた林道着15:00

「湯の小屋温泉 湯元館」で入浴。

帰りは首都高速がオリンピックの道路規制の影響か少し混んでいた。

ナビは行き帰りとも、北関東道周りを案内していた。

「関東の赤木沢」と言われるだけあり、きれいな良い沢だった。山仲間と楽しい2日間をすごせた。


使用ロープ : 8mm30m補助ロープ

カム、ハーケンは少し持参したが使用せす。


(Luffy)






















60回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示