2020年8月8日(土)~8月11日(火) 夏合宿【銀山平ベース、越後駒ヶ岳、荒沢岳、未丈ヶ岳】

参加者:7名 奥只見湖近くの銀山平キャンプ場をベースに「越後駒ヶ岳」「荒沢岳」「未丈ヶ岳」三山を毎日ピストン。 【越後駒ヶ岳】8/7夜 枝折峠駐車場着 8/8枝折峠(5:00) ~越後駒ヶ岳~枝折峠(15:00) 天気は曇り。急登はほとんどないが緩やかな登りが長く続く。駒ノ小屋は避難小屋だがトイレ有り、管理人がいる。頂上の展望は残念ながら無かった。 【荒沢岳】8/9 荒沢岳登山口(5:30)~荒沢岳~荒沢岳登山口(15:40) この山は急登の連続と「前グラ」付近はかなり危険。朝は曇りだったが、「前グラ」のハシゴ、クサリが出てくる付近から雨が強く降りだす。下りは危ないのでロープを準備したが、全員フリーでクライムダウンできた。 【未丈ヶ岳】8/10 泣沢避難口駐車場~未丈ヶ岳~泣沢避難口駐車場(15:10) 登山口は「シルバーライン」のトンネルの中の非常口から。シャッターを自分で開けて外に出る。この日は前日までとは違い快晴。その為、天望も良いが暑い。頂上からは360度、すべての山が見える。頂上直下の草原がきれいだ。下山は灼熱地獄。最期の湧水で生き返る。また、この山は蛇(マムシ)が多いので有名。我々も合計10数匹のマムシと遭遇。 銀山平キャンプ場をベースにしたため車の近くにテントが張れ、毎日温泉に入れた。かなり快適だった。

(Luffy)














 

©2020 by KRC 嶮稜登高会。Wix.com で作成されました。